NHK「あさイチ」でも時短メイクが話題に!「進化中!時短化粧品の活用術」

『進化中!時短化粧品の活用術』

なんと!NHK朝の情報番組「あさイチ」でも時短メイク特集が放映されました。
国民放送で時短メイク術紹介とは・・・どんだけ女性が朝忙しいかを物語っているようです・・・(泣)

<進化する「時短」コスメ>

a0055_000180

最近、忙しい現代女性のニーズに応えて、化粧品はどんどん進化しています。
例えば、1本でベースメイクが完了するBBクリームやCCクリーム。
お湯だけで洗い流せる化粧下地、化粧水、美容液、乳液などをひとつにまとめたオールインワンタイプの基礎化粧品など、時間をかけずに手早く肌のお手入れやメイクアップができるという便利な商品が増えています。
最近では、洗顔後、すぐに塗れリキッドファンデーションも発売されました!
(化粧水、乳液、ファンデーションが全て一緒になってるんだとか!)
[資生堂ミネラルウオータリーファンデーション N]

あさイチでは、最新の時短コスメを紹介。
そのほか、メイクアップアーティスト山本浩未さんによる、「忙しい朝におすすめのメイクの優先順位」「時間をかけずに、シミやクスミをカバーする方法」など、具体的なノウハウを紹介しました。

<メイクアップアーティスト・山本浩未さんの時短メイク&しみ隠しの極意>

極意1 「忙しい朝には優先順位つける」

使う化粧品をできるだけ少なくしましょう!
各工程に1つずつで大丈夫です。

[山本浩未さんおすすめの8工程]

洗顔→オールインワンタイプの基礎化粧品→化粧下地→パウダーファンデ→アイメイク→アイブロウ→チーク→リキッドルージュ

洗顔の後は、オールインワンゲルでOK。
ファンデーションもBBクリーム、CCクリームだけに短縮できます。
仕上げにフェイスパウダーをはたけば、テカリ防止にも!紫外線が気になる人は、UV対策のできるものを!

極意2「シミやクスミをおおまかに消すこと」

化粧下地は、肌の明るさを全体的に底上げする役割を果たします。
細かいこと気にせず、肌のアラをおおまかにカバー。
あとはパウダーファンデーションを、ざっとブラシでかけるだけで十分。
小さなシミなどは、ほとんど目立たなくなります。

極意3「強い線で目元を強調すること」

a1180_009347

アイメイクは、見たまま塗ることができるアイシャドウがおすすめです。
そして最後に、アイライナーなどでアイラインをしっかりと引きます。
目元のメイクは色々ありますが、優先すべきは線を強調するアイラインとアイブロウを意識すると、ぼやけがちな顔がはっきりします。
目元を強調すると、その部分に人の視線が集まると、肌のシミやクスミなどの弱点が目立たなくなる効果もあります。
そして、マスカラよりも「つけまつげ」がおすすめ。
ナチュラルでつけやすい物も増えています。

極意4「口元とほおに血色をプラスすること」

ここで忘れてはいけないのが肌の血色です。
ファンデーションを塗ると、どうしてもお肌が白く顔色が悪く見えてしまいがちです。
ほどよく色とつやが出るリキッドルージュやチークで赤みをプラスすると明るく健康的にみえます。

極意5「鏡を離して化粧をする」

鏡が近いと、どうしてもシミやクスミが気になって全部を厚塗りで隠そうとしてしまいがちです。
客観性が失われるので、鏡が近すぎるとなんだかケバい老けた印象になってしまうことも。
鏡を離して遠目で見て、悪目立ちするとろだけをカバーするだけでOK。
腕を伸ばした距離が人との距離感なので、気になるところがおおまかに隠れていれば、人の視線がいかないそうです。


あさイチの時短メイクの極意、いかがだったでしょうか?
これはあくまで、山本浩未先生流のテクニックです。
自分に合った化粧品、方法に合わせて時短メイクを探求していってください!

カテゴリー: 時短テクニック タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。