メイクしたての顔に戻れる!簡単&時短メイク直し術~アイメイク編~

メイクしたての顔に戻れる!簡単&時短メイク直し術~ベースメイク編~

アイメイク、眉の時短化粧直しテクニックを紹介します。

アイラインやマスカラがにじんで気づいたらパンダ目・・・という経験をしたことがある人も多いとおもいます。
目の下が黒っぽいとクマのように見えて、一気に老け顔に見えてしまいます。
まずはスッキリとオフしてしまいましょう!
目元の肌のくすみやシワっぽさもオフできるので、明るい目元に整いますよ。

目元の皮膚はとても薄いので、こすらないことが重要です。
そのために、アイラインやマスカラがにじみやすい人は、ポーチに綿棒とクリーム、または乳液のミニボトルを常備しましょう!
images (18)

アイメイクの直し方
①メイクのにじみを綿棒でオフ!
クリームまたは乳液を綿棒に含ませて、メイクがにじんでしまった部分を軽くなぞってオフします。

②パウダリーファンデまたはプレストパウダーをスポンジで薄く塗る
オフしてときに、一緒に目元のファンデーションも取れてしまうので、ファンデーションを薄く乗せましょう。
折ったスポンジの先をすべらせるようにして、目の際まで塗ること。
クマをコンシーラーでカバーしている人は、パウダーを塗る前にコンシーラーで再度カバーします。


眉の主な悩みは、「気づいたら眉尻だけ消えてしまっていた」ということだと思います。
でも、メイク直しで眉尻だけ描き足すと、いかにも描き足したという不自然な眉になってしまいがちです。

それを防ぐために必ずしてもらいたいのが、描き足す前後に眉をブラッシングすること。
描く前のブラッシングで毛流れを整え、眉頭や眉山部分のアイブローパウダーを眉全体になじませます。
そして描いたあとにもブラッシングすることで、描き足した部分をぼかして、描き足していない部分と差が出ないようにしましょう。

眉の直し方
①アイブローブラシで眉全体を軽くブラッシング
アイブローブラシで眉全体を軽くブラッシングして整えましょう。

②眉尻をアイブローペンシルで描き足す
ベタっとした眉にならないように、毛を1本1本足すように描くこと。

③描き足した部分とほかの部分をなじませる
ここが重要です。
描き終えたら、描き足した部分をブラッシングでぼかして、ほかの部分となじませましょう。
そうすることで、自然な眉毛になりますよ。

DHCアイブロー&マスカラコート
3701_L

カテゴリー: 時短テクニック タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。